岐阜の山林イメージ
社団法人[岐阜県山林協会]里山整備支援室岐阜県森林・山村多面的機能発揮対策地域協議会 事務局:(公社)岐阜県山林協会
左メニュー 概要とは

地域住民等で構成する団体(活動組織)∗1が実施する地域∗2の森林∗3の保全管理等の活動に対して、一定の費用を助成します。

∗1 活動組織
活動組織の構成員は、地域住民、森林所有者等の地域の実情に応じた方(3名以上)で構成。 地域の自治会、NPO法人、森林組合等が単独で実施、又は1構成員となることも可能。 注:組織としての規約の作成や区分経理が必要。

∗2 活動区域
地域住民による里山林の保全、利用を支援することが本事業の目的であり、原則として活動組織は、活動する森林と同じ市町村又は隣接する市町村にあることが必要です。 (森林資源利用タイプについては、同一都道府県内にあること。)

∗3 対象森林
事業の対象となる森林は、森林経営計画(及び森林施業計画)が策定されていない森林であって、活動組織と森林所有者が利用協定を締結している森林です。要件を満たしていれば、学校林や公有林でも活用できます。

支援区分

種類

活動内容

助成単価

活動計画作成(H25)
活動推進費(H26〜)

現地の林況調査、活動計画策定のための経費
※初年度のみ

11.25万円

地域環境保全タイプ
(里山林保全活動)

集落周辺の里山林を維持するための景観保全・整備活動、集落周辺での鳥獣被害の防止活動、風倒木や枯損木の除去、集積、処理等

12万円/ha

地域環境保全タイプ
(侵入竹除去・竹林整備)

侵入竹の伐採・除去活動や利用に向けた取組等

28.5万円/ha

森林資源利用タイプ

里山林の広葉樹等未利用資源を収集し、木質バイオマス、炭焼き、しいたけ原木等として利用する活動や伝統工芸品の原料として活用等

12万円/ha

森林機能強化タイプ

歩道や作業道の作設、回収、鳥獣害防止柵の設置・補修等

800円/m

教育・研修タイプ

地域の森林における森林環境教育や生物多様性調査、体験林業の際の安全講習等

3.8万円/回
※上限12回

資機材の購入・設置

上記のような活動の実施にあたり必要な機材及び資材の購入・設置
※森林空間利用タイプを除く。

必要額の
2分の1又は3分の1

その他留意点
  • 1活動組織当り、単年度500万円を上限とします。
  • 地域環境保全タイプ及び森林資源利用タイプの面積は、0.1ha以上を対象とします。
  • 森林空間利用タイプは、1回の開催につき、概ね10名以上の参加者を伴うこととします。
  • 申請団体では実施できない森林整備の作業等について、地域の森林組合等に作業を委託できます。
  • 人工林でも活用できます。
竹林作業の様子

問い合わせ先

岐阜県森林・山村多面的機能発揮対策地域協議会
           事務局:公益社団法人  岐阜県山林協会
〒500-8356 岐阜市六条江東2丁目5番6号
ぎふ森林文化センター内
TEL 058-273-7666
FAX 058-273-3933
sanrinag@quartz.ocn.ne.jp

ページトップへ
Copyright © Gifu Prefecture forest society All Rights Reserved.